FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1500km走らなければならないので①

去年の10月、愛車にレヴィテック(REWITEC)というオイル添加剤を入れたのだけど、こいつはシリジウムという物質でエンジン内をコーティング完了するのに1500km走る必要があるらしい。筆者は3000kmまたは半年ごとにエンジンオイルを交換しているのだけど、最近は近所の買い物程度しか乗ってないので半年ごとのオイル交換サイクルになっている。いつもなら別にそれでもよいのだが、今回はコーティング完了前にオイルを捨ててしまうわけにはいかないから、次の交換時期である3月までに遠出してでも1500km走る必要があった。

そこで、(もう1ヵ月以上たってしまったけど)2月の3連休にちょっと遠出してみた。雪が残る箱根を経由し、沼津市街地を抜けて・・・

201802uchiura01.jpg
「淡島」の文字が見えるこちらへ。最近はZenPhone3 Ultraで撮影することが多く、カメラ持ち歩かなくなったな・・・

201802uchiura02.jpg
静岡県沼津市内浦。小さな漁港の町という感じだが、「ラブライブ!サンシャイン!!」の「聖地」である。

201802uchiura03.jpg
まずは昼食に「内浦漁協直営 いけすや」へ。鯵料理では有名で気になってた店で、正直なところ聖地巡りよりもここでの食事がお目当てであった。やはり人気店らしく30分ほど待ちが発生。

201802uchiura04.jpg
店内の様子。写真右奥では海産物を販売、人だかりのあたりにはiPadを使用したハイテク(?)な整理券発行機があり、まずはそれを発行。順番が回ってきたら写真中央のカウンターで注文する。「二食感活あじ丼」が気になったが限定なので売り切れ、普通の「活あじ丼」にしようと思ったが、鯵フライがセットになった「満腹御膳」をチョイスした。

201802uchiura05.jpg
絶対美味しいパターンだろコレぇ!

あじ丼は鯵+御飯+おろし生姜+小葱というシンプルなものだが、鯵は活き締めとのことで弾力がハンパなくてヤバイ(若者的表現)。養殖らしいがそんなことどうでもよくなるレベルである。もっと驚いたのは活き鯵からの鯵フライ。衣サクサク中身フワフワとは言うものの、そんなアジフライにはなかなか出会えないものだけどこれは本物。スーパーのお総菜コーナーとかで売ってるものとは次元が違う。

そして、これで1,200円は安い。丼は大盛とのことで量が心配だったが、あっさり完食してしまった。公式サイトに「今までのあじの価値観を変えるかもしれません」とあるが、決して大げさではないと断言する。また来たい!

201802uchiura06.jpg
店内の一角は・・・推してますなあ(アニメでは当店は出なかったはず)。この店の来客にもそれらしきカバンやサイフを持った人たちがチラホラ。

昨年放送されたアニメ2期が終わって少し経つが、正直なところ、2期はイマイチだったかな・・・

1期は最終回の13話がアレなだけで、1~12話は「μ'sに憧れた女の子たちがいろいろあって独自の方向性を見出した」というお話としてはよくできていたと思うし、2期も部分的に切り出せば、笑える話も泣ける話もたくさんあったとは思う。前作も含めて「ラブライブ!」のアニメは設定がガバガバとかご都合主義だとかいう批判があるけど、そういうのを勢いやテンションで押し切るのは昔のジャンプ漫画でもハリウッド映画でも定番的手法だと思うので、個人的にはそういうの気にならない。

ただ、2期は冗長なシーンが多くて「勢い」が弱い、または「勢い」が変な方向・・・例えば1期13話の寸劇やルール違反、2期3話のライブ2回やる時の流れとか、BDで見直しても首をかしげたくなるような展開が多く、視聴者にサプライズを見せるつもりが滑っていて「勢いで押し切れてない」。結果的にセリフがくどくて押しつけがましい感が残り、少なくとも筆者は共感できない場面が多々あった。前作あった塊感とか一体感を感じなかったのだ。

劇場版が予定されていてもちろん見る予定だが、この調子ではあまり期待できず、キャラも楽曲(ライブシーン)も素晴らしいだけに残念だ。放送されてしまったものはしょうがないので、個人的にはいいところだけ取得&脳内補完して納得させてるけど。アニメは前作に遠く及ばないとはいえ、Aqoursを下に見るとかはないしね。

食事後、少し散歩してみた。
201802uchiura07.jpg
201802uchiura08.jpg
201802uchiura09.jpg
この場所、アニメで見たことがあるー!「ガルパン」の大洗もそうだが、ここもアニメによる町興しとして成功している方ではないだろうか。「いけすや」で食事した程度で経済効果がどうこう言うつもりはないけども、筆者自身もアニメ見てなきゃ来なかった土地だろうし。前作の舞台である秋葉原は会社帰りでも寄れるけども、ここは横浜からでもそれなりの距離。それでも足を運ばせるだけのパワーが作品にあるのだろう。連休初日だったこともあるが、先ほどの「いけすや」のみならず道中にもそれらしき人はたくさん歩いていた。

201802uchiura11.jpg
主人公・高海千歌の実家のモデルとなった安田屋旅館(犬はいません!)は周辺の建物の中で特別に歴史を感じる。前作の穂乃果の実家のモデル(竹むら)も、周辺環境からは浮いてるくらいの歴史ある出で立ちだけども。

201802uchiura12.jpg
安田屋旅館の正面には、梨子が桟橋からいきなり飛び込み、千歌が悔し涙を流し、「夢で夜空を照らしたい」でランタンが上空に放たれた海岸がある。作品と縁深い場所だけど、実際に目にすると案外こじんまりとした海岸だと思った。

201802uchiura10.jpg
個人の痛車、痛バイク、痛チャリのみならず、痛バス・・・もといラッピングバスも走ってる。近く(でもないが・・・)に伊豆箱根鉄道の伊豆長岡駅もあるが、そこでは痛電も走っている。Bトレじゃなくて鉄コレだったら買うんだけどね。

201802uchiura13.jpg
「恋になりたいAQUARIUM」のMV、アニメのダイヤさん回、スクフェスのおさんぽラリーなど、もはや作品とは切っても切れない水族館「三津シーパラダイス」。近くには「淡島マリンパーク」という水族館があり、事業主体は別のはずだがそちらもコラボに余念がなく、作品を介して共同戦線を張っている感じがする。

徒歩なのであまり遠くには行けず、ここまでで引き上げた。この後はクルマでモデルになった中学校周辺を走った後で(半島状になった周囲の道路を走っただけで、学校までは行かなかった)引き上げた。海のイメージが強い同地域だが、みかん売り場も多いことに気付く。「いけすや」の店頭でも売っていたし、ここはみかんも特産品なのだった。千歌の好物がみかんに設定されたのも納得。

帰りは伊豆長岡駅を経由し(作中チャリで移動していたが上り坂なので実践すると大変である)、三島から国道1号に入り帰路についた。神奈川県民の筆者は伊豆というとどうしても東側ばかり見てしまうが、伊豆長岡温泉も近いこの地域、じっくり観光で来ても面白そうだった。「いけすや」は絶対リピートするけどね!

しかし、この日の移動では1500kmには距離がまだ300kmほど足りない(普段いかに走って無いか・・・)。残りの距離稼ぎはまた別記事にて書く・・・予定。

鉄道コレクション・小田急2300形登場時 プチレビュー

2018年2月に発売された、鉄道コレクションの小田急2300形(登場時)をプチレビュー。

OER2300Old-03.jpg

実車について

公式では3000形「SE」が初代となっているが、厳密にはそれよりも前から「小田急ロマンスカー」と呼ばれた車両は存在しており、今回紹介する2300形は1955年(昭和30年)に登場した3代目ロマンスカーである。

1910形から開始されたロマンスカーの運転は好評を博し、2代目1700形が運用される頃には箱根観光客の増加に伴い増発待ったなしの状況になっていた。当然車両を増備しようとなるわけだけど、1954年には小田急初の高性能カルダン駆動車2200形が登場しており、いわば旧世代の1700形を増備する時代ではなくなっていた。一方で3000形「SE」は開発研究段階でまだまだ投入できる状況にない。そこで「SE」登場までのつなぎとして、2200形の足回りに特急用の車体を組みあわせ、急遽製造されたのが2300形である。

1910、1700形は3両編成だったが、高性能車である2300形はM-M'ユニットを組むため4両編成となった。当時流行だった「湘南顔」と小窓がずらりと並んだ特急車らしいいで立ちは急ごしらえとは思えないものだった。4両編成1本のみ制作され、1700形とともに特急運用に就いた。

しかし、前述したように3000形「SE」登場が計画された中で暫定的に増備された車両であり、いずれ特急運用から外される運命でもあった。登場から4年後の1959年に「SE」が4編成出揃うと、2300形は2ドアのセミクロスシートに改造され、同じく2ドアセミクロスシートの2320形とともに準特急として活躍することになった。

しかし、当時の小田急は沿線全体輸送量が急増していた時期。1963年に3100形「NSE」が登場すると準特急は廃止され、2300形は2320形とともに3扉ロングシートの一般車に格下げされることになった。2両固定編成化により中間車の先頭車化、1・2号車の方向転換+改番、前面は貫通扉付きのいわゆる「小田急顔」になるという大改造を受け、機器がおおよそ共通化していた2200形などと「FM系」と呼ばれるグループに組み込まれることとなり、特急車の風格は完全に失われてしまった。それでも、他のFM系と比べて100mm広い車体幅、ドア間に狭窓4枚(他は広窓3枚)、パンタが連結面側にある(他は前パン)など、原形の面影が少し残っていた。

一般車化された後は1982年まで活躍、その後は富士急行に譲渡され1995年に廃車となった。

●模型について

2300形の模型はガレージメーカーの真鍮製キットは存在していたが、この度、トミーテックの鉄道コレクションとして発売された。手軽にNゲージ化することができ、古い車両との相性がよく、ロマンスカーでは初代1910形、2代目1700形がすでに発売されており、残されていた2300形もようやく発売されることになった。3000形「SE」以降が大手メーカーのNゲージで揃い、70000形「GSE」も製品が出るのは時間の問題。小田急ロマンスカーはすべての形式が入手しやすいNゲージで揃うことに。

OER2300Old-01.jpg
OER2300Old-02.jpg
「SE前ロマンスカー」の1910・1700形と共通したイメージのパッケージデザイン。今回もTRAINS名義の店舗限定品で一般流通品ではない。車両のほか、動力台車用レリーフ、ヘッドマークのステッカー、展示用レール4両分が付属する。筆者は横浜鉄道模型フェスタで入手した。

筆者は2300形は一般車になった後しか知らないし、そもそも乗ったことがあったかどうかも覚えていない(FM系の中から2300形を見分ける方法を知ったのは廃車前後くらいだった)。なので自分で撮った実車の写真はないし、模型としても比較できる他製品がないから「プチ」レビューになってしまうのだけど・・・それでは、ざっと見て行こう。

OER2300Old-04.jpg
非貫通2枚窓のいわゆる「湘南顔(国鉄80系風)」。1700形3次車や2200形も2枚窓だったが、こちらは後退角があるのと金太郎塗りのせいでより「湘南顔」に近い。書籍などで実車の写真と見比べる限り、造形については特に問題なさそうだ。ヘッドライト・テールライト・通過表示灯のすべてにレンズが入っている。

OER2300Old-05.jpg
ワイパーが「ヘ」の字型で妙な印象を受けるが、これは実車通りである。車体側と窓側にぞれぞれモールド+銀塗装で表現。2300形は1編成しか存在しなかったので車番は印刷済み。

1つ前の写真でもわかるが、ダークブルーとオレンジの塗り分けに塗り重ねのようなものがある。マイクロエースの0系1000番台でも同じような処理がなされていて、塗り分けをきれいに出すためのもので実際効いていると思うが、当製品では微妙に色味の違いがあったり、左の2304号のようにベースの塗り分けが透けて見えてしまっている。この写真はかなり拡大しているとはいえ、肉眼で見てもわかってしまうレベルなのは残念。

OER2300Old-06.jpg
特徴である狭窓がずらりと並ぶ特徴は良く出ている。写真だと車高がやや高めに見えるが、プラ車輪のままとはいえ実測で6.5mmなのでまずまずの数値である。

OER2300Old-08.jpg
1700形もそうだったが、実車ではエッチング製で立体感のある特急マークはシンプルに印刷で表現。床下機器がちょっと外れちゃってるけど・・・

OER2300Old-09.jpg
鉄道コレクションではすでに2200形の製品があったことから(第3弾、すでに10年以上前の製品である)、台車や床下は実車同様に同じパーツを使用。台車(アルストム、FS203)は成形色が黒に変更されている。床下機器も2200形からの流用となるが、2200形では4種類のパーツがあったのに今回は3種類しか使われていない。これは実車がそうだったのか、筆者がハズレ品を掴んだ可能性もあるが、たぶん製品が間違っている気がする。まあ、第3弾は改造用にとかなりストックがあるのでパーツ持ってくればいいんだけども。

OER2300Old-10.jpg
2302号の海側はトイレがあり、実車通り擦りガラス風になっている。写真は省いたが連結面を挟んで対になる2303号には山側に放送室があり、ここも摺りガラス風の表現になっている。ただし、放送室の窓には装備されていた保護棒は省略されている。室内パーツにはさすがにトイレ・放送室の再現はないが、2303号の海側中央には喫茶カウンターが再現されている。

2300形の客用扉は両先頭車にしかなく、中間2両には非常用扉が片面にあるだけだ。この極端に客用扉が少ない設計は前作1700形から引き継いだものだ。客用扉は1910形、1700形に続き引き戸が採用されているが、この後のロマンスカーの客用扉は「SE」「NSE」は手動ドア、「LSE」「HiSE」「RSE」は折り戸と特殊なものが多く、「EXE」まで引き戸はなかったことになる。「VSE」はプラグドアが採用されたが「MSE」「GSE」で引き戸に戻っている。

OER2300Old-11.jpg
パンタは鉄コレお馴染みの軟質プラ製。配管は片側に2本出ているだけのシンプルなものだが、「小田急電車回顧」とか見ていると反対側からも出ている気がする。

OER2300Old-12.jpg
「SE」前ロマンスカー(左から1910形、1700形、2300形)は地味顔だけど、ヘッドマーク付けると特急車っぽく見栄えする。丸く切り取るのが大変だったが、それぞれ「特急」「はこね」「明神」を設定した。なお、1910形は動力組み込み・パンタ交換などでN化している。

前述のとおり、2300形の特急としての活躍は4年程度で、パッケージの説明書きにもあるように確かに「短命に終わったロマンスカー」ではある。しかし、1910形はさらに短く2年、1700形も7~8年程度で、戦後から高度経済成長期にかけての輸送人員増加や車両の高性能化などに翻弄され、どうしてもプロトタイプ的にならざるを得なかった「SE」前ロマンスカーは押しなべて短命だった。

しかし、いずれも一般車に格下げ改造されてその後の活躍の方が長かった点も共通していて(「SE」以降のロマンスカーで格下げ改造されたものはない)、時代の流れで急遽ドロップアウトしてしまった「HiSE」「RSE」よりも(小田急の車両としては)長生きしていた。特に2300形はなにかと「短命」を強調されることが多いけれど、4000形に機器を譲る目的でやはりドロップアウトしてしまった1910形も1700形もと比べても、「小田急の車両」として全うできたんじゃないか個人的には思っている。

●総評

あまり模型のレビューはしてない気もするが(汗)総評を。

品質は・・・いつもの鉄コレクオリティであり、正規のNゲージの品質は期待しないほうがよい。まあ「出してくれただけでもありがたい」製品ではある。品質はアレだけどもモデリングは決して悪くないので、手を加えればかなり良いものになるポテンシャルはあると思う。

さて、これにて「SE前ロマンスカー」は全形式出てしまったわけだけども、TARINS名義で次は何を出すんだろうか。個人的には1700形の1次 or 2次車(すでに出ているのは3次車で、結構差があるのだ)あたりが希望かな。2300形も一般化改造された晩年型も欲しい。今回、第3弾の2220形と合わせて晩年型を作ろうかと2セット買う予定だったがやめてしまった。なんか、そのうち出そうな気がするので・・・

ヨコハマ鉄道模型フェスタ2018

昨年はサボったヨコハマ鉄道模型フェスタへ。

2017hamafes-01.jpg
2018hamafes-02.jpg
HOゲージとなるが、カツミからは70000形GSEの製品発表(発表自体は少し前からされていたけど)。Nゲージはメーカーすら未定だけども発表は時間の問題だろう。左の300系は凄い値段だけども、形式代用ありなんだそうで。

2018hamafes-03.jpg
トミックスの新製品群だが・・・会場全体見ても、新幹線ついては見事なまでに新製品はなく、完全に日照り状態。実車に動きがあまりないし、以前の製品ラッシュの反動なのかもしれないけどメインサイトの発売予定表も空になってしまった。N700Sも量産車が見えてこないと製品化はまだまだ先かもしれない。

2018hamafes-04.jpg
替わりに小田急が充実しているので個人的には退屈していないが・・・今回のお目当ては鉄コレの2300形(右側)。8000形は別途調達したもので会場で買ったものではない。

2年前はこの会場で1700形を買って、2300形が出るといいなと書いたのだけどついに実現した。MSEまでのNゲージロマンスカーはこれでコンプリートしたことになる。この2300形は近日プチレビューする予定だ。

2018年あけましておめでとうございます。

少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
相変わらずブログを1~2ヵ月ペースでのんびりやっていく程度ですが、本年も引き続き、当サイトをよろしくお願いいたします。

201801OER.jpg
新幹線は全然製品の供給がなくなってしまっているけど、代わりに小田急の模型(写真のは全部グリーンマックス)が増殖中。左からクヤ31「テクノインスペクター」、3000形10両編成(3092F)、1000形レーティッシュカラー(1059F)、1000形(クヤ31のセット1051F)、1000形地下鉄直通仕様(1065F)、8000形更新車(8058F)。・・・それにしても1000形の前面手すり、あの細かいパーツがユーザ取り付けとか頭おかしいレベル。作る楽しみいっぱい()、なのかもしれないが工作経験がない人には無理ゲーにも思える。

この後は鉄コレの8000形初期仕様、マイクロのEXEαが控えているし、新型の70000形GSEが出るのも時間の問題でしょう。さらには鉄コレで2300形が出るとか。これでロマンスカーコンプができる!
あとは、鉄コレでもGMでもいいから、ちゃんとした小田急顔大型鋼製車(2600形とか5000形とか)がそろそろ欲しいね。

東京駅でJ59編成とF13編成。しかし・・・

2ヵ月ぶりの記事は久々に東京駅で調査。情報が出てからかなり経ってしまっているけど、E7系F13編成とE2系J59編成に試験的にパンタグラフカバー(遮音壁)が取り付けられているというので。

東京駅に入場してすぐに確認したところ、本日はJ59編成、F13編成ともに運行されている模様。しかもJ59編成はさほど待たなくてもよさそう。

201711Tokyo-01.jpg
J59編成は23番線に入線。下回りが撮れないが、お目当てはパンタカバーなので問題ない。

201711Tokyo-02.jpg
201711Tokyo-03.jpg
4号車に装備されたパンタカバー。E2系1000番台のうち、J69編成以前のカバー取り付け準備工事がいかんなく発揮された模様。E7系のカバーはE5系のものと同じようだが、E2系のはサイズ・形状とも700系が装備しているものに近い。こちらにはガイシ覆いがなく車端側にパンタがあるから、また独特な外観ではある。中央部に分割線らしきものがあって、若干向こう側の光が漏れていた。

201711Tokyo-04.jpg
4号車(手前側)と6号車に装備されている。両者で形状の違いは特にないようだった。

次にF13編成が来るのは約2時間後。秋葉原で時間つぶす(新しいスピーカー欲しくて物色中・・・)。

201711Tokyo-05.jpg
東京駅に戻り、F13編成(左側)と対峙。こちら側にいるF9編成は車掌氏を見てのとおり出発直前である。

201711Tokyo-06.jpg
F9編成がいなくなりF13編成がその姿をさらす。22番線(筆者がいるホーム)にはしばらく列車が来ないので、形式写真など12両編成が取り放題。これはラッキーだと思っていたら・・・

201711Tokyo-07.jpg
あ、あれ?ないアルよ!?ないのかあるのかどっちなんだ(byケン○ロウ)

10月下旬くらいまでは装備されていたようだけど、この日は11月24日。どうやら撤去されてしまったようだ。カバー付いてるのF13編成でよかったんだよね?と疑ってしまったが、手持ちのタブレットが突き付けた答えは非情だ。そして、目の前にいる車両の車番も紛れもなくF13編成。

201711Tokyo-08.jpg
201711Tokyo-09.jpg
カバーの取り付けがあったと思われる個所を見ると、3・7号車ともに少々ぐにゃぐにゃしていて、確かに最近まで「何かがあった」ような感じではある。

201711Tokyo-10.jpg
先頭車と次位の車両にあった車体間ヨーダンパも撤去され元通りに。21番線に来たのはラッキーと思ったがこれでは・・・

201711Tokyo-11.jpg
12両分の形式写真を収めることができたとはいえ、目の前にいるのは「ただのF13編成」。こういうのは情報出たらすぐ動かないとダメだね。

F13編成のカバー&ダンパー撤去後の姿を最初に(?)レポートできたぞー(棒)

まあ、J59編成の方は押さえることができたのでよしとしよう。今回のカバー取り付けは上越新幹線の速度向上に向けたものといわれているが、各種パーツが付いた状態で営業運転に入っていたというのは面白い。今後増備されるE7系がどうなるのか、E2系1000番台もどうなるのか。特に後者はカバー要と判定された場合、カバーの準備工事がないJ70編成以降はどうするのかが気になる(準備工事がない=取り付けできないではないけど・・・)。まだまだ目が離せないということで。そして、サボってないでちゃんと動こうってことで。

最後に今更ですが、
201711Tokyo-12.jpg
201711Tokyo-13.jpg
F2編成とF3編成の青帯のラインは他の編成と同じになっていたことを確認。
プロフィール

友輝

Author:友輝
SpeedSphere管理人
(メインサイト(休止中))

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。