FC2ブログ

新デジカメ・富士フィルム「X-S1」を試す

ちょっと前に「ポチってしまった」、富士フィルム「X-S1」をいろいろ試してみたので、今回はそのネタを。

X-S1-01.jpg
見た目は一眼レフにそっくりだが、レンズは固定式のいわゆる「ネオ一眼(高倍率ズーム機)」スタイル。図体はかなりでかく、一眼レフのミドルクラス程度はあるが分類上はこれでも「コンデジ」。どこがコンパクトじゃ、と突っ込みたくなるが、このカメラは1台でマクロから24mm~624mmの超望遠までこなせる「全部入り」。一眼レフで同じことをやったら何本もレンズが必要になるし、超望遠レンズはたいていバズーカ。そう考えると、相対的にはコンパクトといえるだろう。

筆者がこれまで使っていた同じ富士フィルムのネオ一眼「HS20EXR(というかHSシリーズ)」を高級・高性能化したようなカメラで、同社が最近積極的に展開している高級カメラ「Xシリーズ」の一翼を担っている。現在HS20EXRも手元にあるので、比較を交えて紹介してみたい。

本来はオリジナルの画像をそのままアップしたいが、ブログにアップするにはさすがに大きすぎるので、今回は(拡大可能)とある画像に限り、PCの画面を想定して1200ピクセル程度の画像をアップしてみた(クリックで別窓表示)。

●模型編

マイクロエースの200系(K47編成)をサンプルに、アーカイブ用の画像を想定してベストな画質が出るようにカメラの値を調整していた。一応、「これだ」という設定を見つけることができたと思う。

X-S1-02.jpg
X-S1-03.jpg
まずはサイドビュー。上:HS20EXR・下:X-S1。(どちらも拡大可能、横800ピクセル)

ブログ上で縮小された画像では分かりにくいが、やや黄色がかったHS20EXRに対し、X-S1はメリハリがある発色だと思う(ホワイトバランスはどちらも「オート」)。拡大画像を比べてもわかるけど、後者の方が全体的にシャキッとした感じがする。

X-S1-04.jpg
X-S1-05.jpg
先の画像を等倍で切り出したもの。上:HS20EXR・下:X-S1。HS20EXRは1600万画素、X-S1は1200万画素という違いがあり、画素数が多い前者の方が大きく写っている。こうしてみても、やはり後者の方が印影がはっきりしていてシャープな印象だ。

X-S1-06.jpg
X-S1-07.jpg
上:HS20EXR・下:X-S1。ここも同じような差だが、なんかHS20EXRは眠い画像に感じられる。横600ピクセルに縮小した画像でもこんな状態なので、等倍だとさらに・・・ライティング等の条件は全く同じなのに、台車周りの明るさにも相当差がある。

X-S1-08.jpg
X-S1-09.jpg
先の画像の等倍。上:HS20EXR・下:X-S1。乗務員扉上にある雨どいのモールドを見ても、X-S1は陰影のメリハリがあり、ここでもビシッとした印象だ。

超望遠が売りのX-S1だが実はマクロも結構得意で、たいていのカメラはマクロが利くのは広角端付近だけだったりするが、このカメラはズーム状態でもピントが合うので模型の撮影には重宝する(広角で撮った絵より落ち着いて見える)。一応135mmの画角でレンズ端から8cmまで寄れたが、HS20EXRはさらに強烈で5cmまで寄れた。この点はHS20EXRの方が上手のようだ。もっとも、筆者が模型撮影で使うのは80~100mmの画角にレンズ端10cm以上なので十分ではある。

300系のレビューが終わり、次はアーカイブを公開するつもりだけど(11月下旬予定)、早速このカメラで撮影した画像を使用する予定。今回のサンプル画像でどの形式をやるつもりなのかバレバレですが(w。

メインサイトを進めつつ、このカメラの記事もいくつか書いていきたいと思います。
プロフィール

友輝

Author:友輝
SpeedSphere管理人
(メインサイト(休止中))

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク