トミックスから0系製品2種類発売決定

久々の新幹線製品来た。筆者も新幹線模型の記事書くのは久しぶりだ(苦笑)。

Tomix0-R68.jpg
2008年の新大阪駅にて、復活塗装化されたR68編成。

●98647 0 7000系山陽新幹線(フレッシュグリーン)セット
●98648 0 7000系山陽新幹線(復活国鉄色)セット


価格はどちらも17,800円で2018年10月発売予定とのこと。

2種類発売されるが、公式発表を見る限りは2009年12月に発売された限定品(再生産しないとは言っていない)「さよなら0系ひかり」を通常製品化したような感じ。中間車は新規制作されて形式代用はなくなり、当時から通電カプラーやフライホイール動力だったこともあり、今回の発売にあたり新規要素は全くと言っていいほどない。間違っても0番台のようなインパクトのある製品ではない。

復活国鉄色の方は限定品ではR61編成に固定されていたが、今回はインレタで編成を選べる模様。ただし、復活塗装されたR61・67・68編成のうち、R67編成は中間車から改造された先頭車のため実車とは少々異なる点がある(そもそもR67編成がインレタに入るかわからないけど)。

フレッシュグリーンの方はR61・67・68編成が復活塗装になる前を再現したもので、塗装以外は復活国鉄色と全く同じだろう。同社にはフレッシュグリーンの製品は存在していたが旧式のフックリングカプラー、車端の窓ガラスがないといった古い仕様だったので、その意味ではリニューアル製品といえる。ただし、旧製品は3号車が37形(ビュフェ車)のR62・65編成だったのでその点は異なる。

久々の新幹線製品で「おっ」とは思ったけど、購入はどうするかなあ・・・少なくとも、復活国鉄色は「さよなら0系ひかり」を持っているならわざわざ買う必要は感じないかな。フレッシュグリーンは旧製品から相当良くなっているとはいえ、個人的にはビュフェ車入りの方が好きなんで購入は微妙なところ・・・

でもまあ、当時限定品を買えなかった人のリベンジにはいいかもしれないし、フレッシュグリーンも久々の購入チャンスなので持ってない人は検討の余地ありだと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やっぱり「さよならひかり」の実質再生産ですか…
「開業ひかり」の顔移植だけでもしてくれたら結構食指が動くんですけどね
自分も「さよなら0系ひかり」は買ったのでちょっと残念ですねー
「開業ひかり」はバランスの良い製品だっただけにあそこからのバリ展がないが惜しいです

Re: No title

キサロハ 様

公表内容見る限りは「さよならひかり」と一緒ですね。2000番台はまだまだ作り直すつもりはなさそうです。0番台はせっかくあそこまでやったのだから、おっしゃる通りバリ展してほしいですよね。方向幕の準備工事(?)もしてあるのに・・・

前回の0系2000番台及び
200系H編成の二の舞の可能性が高いですかねぇ
長年待たされH編成で激昂していた知人が今回の0系を現代水準の新製品と期待して両方予約すると言ってたので、大窓のような顔周りの可能性低いなら止めた方がいいなぁ
予約する側としてはこの辺は明記して欲しいですね

Re: タイトルなし

名前未入力の方

コメントありがとうございます。

「限定品の再生産」というのはあくまでも私の予想であることはご了承願います。ただ、トミックスは新規制作する場合は発表時に言及するに思うので、慣例通りだと(現在発表されている情報から判断すると)従来製品がベースになる可能性が高いと思います。形式代用はないけど、ヘッドライトが大きい2000番台ボディということですね。H編成ほどひどい製品にはならないとは思いますが、それでも0番台のような劇的な改善は期待できなさそうです。

発売までに試作品の発表があるかもしれないので、予約はそれまで待たれるのが良いと思います。
プロフィール

友輝

Author:友輝
SpeedSphere管理人
(メインサイト(休止中))

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク