引き継ぎパスワードは必ず発行を@スクフェス

ある日、スクフェスが突然起動しなくなるトラブルが発生。端末再起動やキャッシュクリアをやってもダメで、再インストールしかない状況と判断したものの、Android版はこれまでのデータが消えてしまうとのこと。ゲーム設定画面から機種変更用のパスワードが発行できるので、それを使えば再インストール後でもデータ続けて使えるのだけど、それもやってなかったのでいよいよ「万策尽きた~」状態に。

しかし、調べてみると公式に問い合わせればパスワードの発行ができることがあるということで、ダメもとでメール(専用フォームから)を出してみたところ、当然いくつか回答する必要はあるものの、2週間ほどでパスワードを発行してもらった。

LoveLive201605-01.jpg
無事復活!ほぼ無課金でこのランクまでコツコツやってきて、フルコンボなどの記録、URもある程度持ってるので、それが全部ロストしたらマジでフヌケになるところだった。

スクフェス(というかソシャゲ)は個人情報とか記録しないから、「そのプレイヤーにしかわからない情報」に回答する必要がある(設問はメールに用意されている)。筆者の場合アプリが起動できなかったのでIDは不明だったものの、ランクや登録名のほかユニット名とか構成しているカード、フレンド情報、課金した履歴(GooglePlayとかから)、CDなどに付属いているシリアルコードを回答したことで1回のやりとりで発行された。特に課金履歴とシリアルコードは有効みたいで、これがないと複数回のやり取りすることもあるようだ。

というわけで(うちのサイトにスクフェスやってる読者様がいるかわからんけど)、今回のように何の前兆もなくアプリが動かなくなることもあるので・・・

引き継ぎパスワードは必ず発行しておきましょう

もちろん、今回のように公式に問い合わせればパスワードが発行され復活できる可能性はあるけど、発行してもらえるだけでも非常にありがたいとはいえ、時間はそれなりにかかってしまう。筆者は比較的すんなりいった方だと思うが、それでも2週間ログインすらできないわけで、その間にイベント(よりによって推しのイベントが走れなかった・・・)や限定ログボやガチャを逃したり、腕前が落ちたり、切ってくるフレンドもいたりで、失うものがそれなりにある。

なので繰り返し。引き継ぎパスワードは必ず発行しておきましょう

なお、パスワードは本来機種引き継ぎ用なので、発行した時点の状態ではなく現在のプレイ状態で復帰する。また、発行は1回、有効期限は1年間となる。

ともあれ、公式に大感謝。夏に大型アップデートもあるので、まだまだ遊んでいきます。

サイトの更新が滞らない程度に(苦笑)。

ファルコム JDK Band 2011 X'mas Live

横浜ベイホールで行われた、「ファルコム JDK Band 2011 X'mas Live」に行ってきた。

「イース」「英雄伝説」シリーズなどで有名な日本ファルコムの曲を演奏する「JDK Band」のライブで、さすがに当時とはメンバーは違っているが、実に20年くらいの歴史を持つ。20年前と言うと各ゲームメーカーのサウンドチームが結成したバンドが数多くあって(コナミ「矩形波倶楽部」、セガ「SST Band」など)、JDKもそのうちのひとつだったのだが、他のバンドはほとんど活動が伝えられない中、今現在でもこのようにライブを実施しているのは特筆に値する。

筆者はファルコムのファンでもあるし、今現在でも同社のゲーム(碧の軌跡)が進行中なので、横浜という近場でもあるので、この機会に行ってみたのだった。

Falcom01.jpg
さすがに演奏中画像の公開はどうかと思ったので(そもそも撮影の間はないに等しかったが)、開始前の会場の様子。筆者は後方から見ていたが、高い位置にあるので見通しは悪くなかった。あくまでも「ライブハウス」だから、全員立席である。

この後、おおよそ2時間以上演奏が続く。

曲目はファルコムゲーム曲のアレンジとなるが、最新の「軌跡シリーズ」のほか、古いものだと初代「イース(1987年)」から幅広い。いわゆる「定番曲」も多数あるほか、中には筆者が未プレイのゲームの曲もあったりするが、同社の曲は全体的にハードロック調が多いので、この手のバンド演奏にはピッタリだ。知らない曲でも「ノリノリ」になれるものが多く、ついつい体が動くしペンライトを振りかざしてしまう。「イースⅡ」のオープニング曲とか、「空の軌跡」の「銀の意志 金の翼」は定番中の定番だけど、改めて神曲すぎないか!?

ライブが終わり、トイレの前にはこんな張り紙(半キャラずらし禁止)が。
Falcom02.jpg
ファン以外には全く分からないと思うけど(苦笑、撮影者が多いということはそういうこと。

そして、会場を出る直前・・・
Falcom03.jpg
生みっしぃ・・・!
「零&碧の軌跡」で登場するテーマパークのマスコットキャラだが、リアル着ぐるみまで登場だ。

筆者は中学・高校時代はいわゆるナイコン族で、パソコンゲームが中心の同社のゲームを遊ぶ機会はあまりなく、家庭用機に移植されたものを遊ぶのが精いっぱいだった。しかし、その音楽については古くから気に入っていて、やってもいないゲームのCDを買い集めるのは日常茶飯事であり、現在でもコレクションの大半が現存している。

「JDK Band」の最初のアルバムとかいまだに持っていて、学生時代はそれ聴きながら学校に通ったりしていたものだけど、まさか20年後、この歳になってライブハウスで生演奏で聴くとは思わなかった。

会場の爆音のせいで1日過ぎた後でも耳がキーンとなってしまっている(新幹線のトンネルに入ったときのアレがずっと続く感じ)。ライブ後はよくある現象だそうだけど・・・

零の軌跡・とりあえず終了

「零の軌跡」がようやく3周目クリア。実績(やりこみをこなすと記録される)も46/48とほとんど埋まったので、「ま、こんなもんかな」。引き継ぎができるとはいえ、RPGを3周もやったのはこれが初めて。

ZeroKiseki.jpg

画面右下に「?」の項目が2つあるけど、「レベル40以下でクリア」と「難易度ナイトメア(最高難度)でクリア」なので、達成するにはあと2周しなきゃならないからさすがにもういいかと。

これでようやく、続編「碧の軌跡」に進める・・・メインサイトのリニューアルに障らない程度に(w。

「碧の軌跡」買っちゃった

Aokiseki.jpg

本日、横浜の某ゲーム店で購入。しかも予約限定版で未開封の新品だ。ゲームソフトのほか、特典としてドラマCDとフィギュア2体(ねんどろいどぷち)が同梱される。

前作の「零の軌跡」は現在3周目をプレイ中。3周もやればほぼ遊び尽くせるので、続編はそのあとでゆっくり買えばいいかなと思っていたら、なんとワゴンに同品を発見。発売から2か月近くになるが、予約限定版(しかも新品)が今頃店頭にあるということは、予約キャンセル品だろうか?もともと9000円以上する品だが、6000円以下で売っていたので通常版の定価よりもわずかに安く、お買い得だったかも。

開封するのは「零の軌跡」が終わってからだが、3周目も半分を超えているのでもうすぐだ。

「英雄伝説 零の軌跡」が面白い件

メインサイトの重要無視記事を書いている合間に。ブログの重いテーマの記事から気分転換するために(w。

カトーの800系と同時に買った、日本ファルコムから発売されているPSP用のRPG「英雄伝説 零の軌跡」が面白い件。


1周はすでにクリアしているのだが、やりこみ要素が結構あるのと、ゲーム自体が2周目以降も遊べ!という仕様になっているので(レベルなどが引き継げるので楽)、そのまま2周目をプレイ中。

内容的には典型的なストーリー重視の一本道RPGだが(筆者好みだけど)、練られたストーリーと細かい世界設定などは、他のRPGの追随を許さないと思う。アニメやCGはそれほど派手ではないが、細かい部分まで本当によく作りこんである。イベントも次から次へとたたみかけるように来るので、時間を忘れて進めてしまうし、戦闘も戦略性があって楽しい。ゲームバランスも良くて(経験値稼ぎとか不要)、遊んでいてストレスたまるようなことはほとんどない。

「英雄伝説」シリーズは最初の作品からプレイしているが、シリーズを重ねるごとに洗練されてきて(もはや別物だけど)、いまでは最も好きなRPGシリーズとなっている。前作「空の軌跡」は筆者のベストゲームに挙げられるほどだし、それも「零の軌跡」で塗り替えられそうな勢いだ。

29日には続編「碧の軌跡」が発売予定。

プレビューがティオすけばかりなのは何故だ・・・

一応「零」がまだ2周目の途中だし、3周目クリアまではやろうと思うので、購入はしばらく後になると思う。
・・・ただ、デモムービーがものすごく購買欲をそそるというか、早くやりたくなるのよね。
プロフィール

友輝

Author:友輝
SpeedSphere管理人
(メインサイト(休止中))

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク