FC2ブログ

トミックスからE7系上越新幹線(朱鷺色)と500系「のぞみ」発売決定

トミックスからE7系上越新幹線色と500系「のぞみ」の発売が発表された。

●97920 限定品 JR E7系上越新幹線(朱鷺色)セット 34,700円
(税抜き表示)

2020年2月発売予定。

●98363 JR 500系東海道・山陽新幹線(のぞみ)基本セット 11,800円
●98364 JR 500系東海道・山陽新幹線(のぞみ)増結セットA 9,900円
●98365 JR 500系東海道・山陽新幹線(のぞみ)増結セットB 21,000円

(税抜き表示)

2020年3月発売予定。

2019TomixE7-500-01.jpg
熊谷駅を通過中のF22編成。

発売されるのは時間の問題と思っていたが、昨年3月より運転されているE7系の上越新幹線向けの一部編成にピンク帯+専用ロゴが施された姿を再現した製品。限定品で12両編成で1セットとなる。実車がオリジナルの塗装を活かしつつピンク帯とロゴを追加した程度の変更なので、模型化も比較的容易だったと思われる。なお、昨年発売のE5系・E6系製品でも再現されていた荷物室の窓埋め(対象となるF21・22編成は最初から埋まっているが)も再現される。

2019TomixE7-500-02.jpg
山手線・京浜東北線と並走し、東京駅に乗り入れていた頃の500系。

500系は「のぞみ」で運用されていた16両編成時代の製品。トミックスはここしばらく8両編成に改造された後の製品は再生産も含めて数多く出しているが、16両編成は久々のテコ入れということになる。

もっとも、新モーターやフック・U字型通電カプラーの採用はあるものの、従来製品から製品構成の変更が行われる程度と考えた方がよさそうだ。従来製品は一部単品を揃える必要があって前時代的だったが、他製品並みに水準になったといえるだろう。

筆者は従来製品持ってるのでたぶんスルーだが、欲しいと思っていた人にとっては揃えやすくなり朗報ではないだろうか。

p.s.
E7系に触れたついでに。台風被害で水没したE7系の映像はショックだった。E7系8編成、W7系2編成が被害にあったという(編成は不明)。自動車だとエンジンに水が入るとダメといわれるが、見た感じ床下機器はすべて水没、車内も荷棚や天井以外は水没しているように見え、鉄道車両にとっても厳しい状態であることには変わりない。

素人の筆者がどうこういっても詮無いが「修理はできる」のだろう。ただ、そのコストが新車で作り直した場合と比較して見合わないと判断された場合、水没車両は(ある程度パーツは流用するにせよ)全編成廃車の可能性も否定できない。今回は被災車両が多すぎて修理・新製いずれにしても時間がかかるだろうが、北陸新幹線を走れる車両は実質E7・W7系しかないから上越新幹線に配備されている&配備予定のE7系でなんとかするしかなさそう。その分、E4系は廃車予定が延期される可能性がありそうだが・・・

1日も早い復旧を願ってやまない。

トミックス700系0番台に行先表示ステッカーを貼る

少し時間が経ってしまったが、トミックス700系0番台の無償交換対応が完了し戻ってきた。

Tomix700C2019-51.jpg
行先表示機が正常な大きさになった8号車と12号車(エラーがあった時の状態はレビュー記事にて)。

さて、せっかく戻ってきた700系、快気祝い(?)に行先表示ステッカーを貼る方法を検討してみた。なお、トミックスの新幹線は伝統的に行先表示ステッカーは付属しないので、カトーの700系やマイクロの300系からの流用、もしくはサードパーティ製を用意する必要がある。今回はカトー700系のステッカーを流用した。

●中間部編

偶数号車のように、客用扉間に行先表示機があるパターンをここでは「中間部」と呼ぶことにする。

中間部の場合、もともとガラスは入っているのでステッカーを貼るだけならば簡単なんだけど、所謂「はめ込みガラス」ではないのでガラス面が相当奥まっており、そのままでは行先表示も奥まりすぎてしまう。

Tomix700C2019-52.jpg
そこで、プラ板を使ってかさ上げしてみる。小さいので貼り合わせるのが大変だったが、とりあえずエバグリの0.4mmを重ねて0.8mmにする。

Tomix700C2019-53.jpg
プラ板を行先表示機部分にはめ込む。形状は行先表示機にピッタリ合わせる必要はなく、おおよそのサイズが合っていればよい。座席表示も同様の方法でかさ上げするが、こっちが小さいので一苦労・・・

プラ板の固定は(これも小さくて切り出すのが大変だったけど)両面テープを使った。貼って剥がせる接着剤とかでもいいかもしれない。もちろん、可逆性をガン無視するなら「男は黙ってプラ接着剤」でも構わないが。

Tomix700C2019-54.jpg
Tomix700C2019-55.jpg
かさ上げしたプラ板に行先表示ステッカーを貼る。カトーのサイズだと微妙に上下に大きく、結構ギリギリで切らなければならなかった。一応、直接ガラスに貼るよりはかなりマシなのではないだろうか。「これじゃ室内灯の光が通らんだろタコ」と思われる場合は透明プラ板でかさ上げすればよいだろう。後述の車端部は光が来ないので、個人的には中間部でも光を透過させる価値はあまりないと思うが・・・

座席表示は一度貼ってみたがミスで剥がしてしまった。こっちはグリーン車除く13両に4箇所あるわけで、かさ上げ以前にステッカーを切り出すだけでも大変だと思われ。ただ、貼り方自体は行先表示と同じだ。

●車端部編

「レースルター」もそうだが、トミックス700系に行先表示ステッカーを貼る場合、奇数号車のように行先表示機が車端にある場合だとガラスが実装されておらず、そのままでは貼りようがないという問題がある。

つまり、「ステッカーを貼る方法」から考えなくてはならない。

Tomix700C2019-56.jpg
そこで、プリンタで印刷できるラベル(裏に糊がある)を使用する。白でも透明でもよいが、なるべく薄いものを使用するのがポイント。写真のPLUSのやつだと0.1mmとのことだ。ただし、結構前に買ったラベルなので今も同じ製品が売っているかはわからない。裏にスペックが書いてある製品も多いので確認するのがよいだろう。

Tomix700C2019-57.jpg
Tomix700C2019-58.jpg
ボディを床下から外し、行先表示機の裏から写真のようにラベルを貼る。「なるべく薄く」と書いたのは可動幌との干渉を避けるためで、今回使用した0.1mmであれば問題なかった。当初は可動幌の干渉を避けるために段差の高いほうに貼ることも考えたが、後の作業を考えると可動幌が干渉しないのであれば写真のように貼った方がよい。

Tomix700C2019-59.jpg
表面から見るとこんな感じになる。

Tomix700C2019-60.jpg
Tomix700C2019-61.jpg
そこに中間部でやったのと同じようにプラ板をはめ込む。今回は0.4mmのプラ板を1枚だけでかさ上げした。プラ板は行先表示機の半分くらいの面積でしか支えられていないことになるが、実用上は問題ないと思われる。ラベルだと糊があるので、そのままプラ板が固定できるのが非常に楽。

Tomix700C2019-62.jpg
Tomix700C2019-63.jpg
ステッカーを切り出して貼ってみた。結構いいんじゃね!?

Tomix700C2019-64.jpg
ここで床下を復元。「新大阪」の右側、少し隙間ができてしまった。表示機の四隅に曲線があるので、きっちり大きさを決めるのが難しいんだよね。座席表示はもっと大変、申し訳ないが今回はパスで。

Tomix700C2019-65.jpg
車端部もなんとか、行先表示機の「穴」から可動幌がひょこひょこ見えるのが改善されたと・・・客用窓からの可動幌はどうしても消せないが。

Tomix700C2019-66.jpg
Tomix700C2019-67.jpg
ツライチ度にかなり差が出てしまったが、こうして比べてみると下の車端部(11号車)はちょっとツライチが過ぎるというか、「表示機のガラス面」としてはこんなもんだと思うけど、幕式は幕が奥まった位置にあるから影が落ちてる中間部(12号車)の方が個人的にはリアリティを感じるな。LED式なら11号車くらいの表現でいいかもしれないけど。

12号車(中間部)は0.8mmくらいのかさ上げでちょうどよいとして、11号車(車端部)は0.2mmくらいのかさ上げで良かったかもしれない。車端部はラベルの糊で貼り付いているだけだから調整・交換は楽だと思う。

今回はここまで。サイズがさらに小さいので苦労しそうだが、一応「レールスター」にも応用できると思う。あとは可逆性をどこまで確保するか、ツライチ度をどのくらいにするかなど(12号車の方がリアルだというのは筆者の好みに過ぎない)、お好みで各自調整してみてほしい。

第59回全日本模型ホビーショーのレポート

恒例の全日本模型ホビーショーのレポート。

・・・と、会場行く前にN700Sの試運転情報を手に入れたので急遽浜松町で屋根上動画撮影。
HobbyShow2019-01.jpg
HobbyShow2019-02.jpg
少しだけN700Sのレビュー記事に情報足しときました。

浜松町からモノレール→天王洲アイル経由りんかい線で東京テレポート駅へ。

HobbyShow2019-03.jpg
今年は「いつものビックサイト」ではなく、青海会場で実施となった。お台場のど真ん中、東京テレポート駅のすぐ前なので本家よりアクセスがいいかもしれない。

HobbyShow2019-04.jpg
カトーの瑞風(ピントが先頭に来てないな)。もう新幹線は後で紹介するトミックス以外はすっかり新作がなくなってしまった。小田急もGMの8000形バリエーション展開だけで。

HobbyShow2019-05.jpg
あちこちに出店しまくってるポポンデッタは最近はメーカーにもなりつつある。南海30000系とか出てそうで出てない製品化など、ニッチ狙いでマイクロのような立ち回りを思わせる。ネタがあまりなさそうだが、そのうち新幹線も出したりするんだろうか・・・ポポンデッタ製新幹線、レビューしてみたい(w。

そして、現在唯一の新幹線Nゲージメーカーといえるトミックスブースへ。

HobbyShow2019-06.jpg
HobbyShow2019-07.jpg
すでに発売済みの先頭車のみ「ファーストカーミュージアム」のほか、1/80の「鉄顔コレクション」なるものが発表されていた。コレクションを飾りたい、でもスペースが厳しいとなるとこういう路線になるのかなと。

HobbyShow2019-08.jpg
HobbyShow2019-09.jpg
来年1月発売予定のN700系4000番台(JR西日本のN700A)。まあ、試作品といっても既存のN700A製品のJRロゴ色が変わっただけなので・・・

HobbyShow2019-10.jpg
同じく来年1月発売予定の0系1000番台も試作品があった。既製品があるN700Aと違い、こちらは試作品展示はないと踏んでいたので意外だった。

HobbyShow2019-11.jpg
すでにアナウンスされているが、見た感じにも大窓車の製品がベースになっていることがわかる。未塗装品とはいえ行先表示機や側面の非常口のモールドも確認できたし、出来については心配なさそうだ。

HobbyShow2019-12.jpg
食堂車ユニット(27形+36形)も確認。実車では3両づつしか存在しなかった1000番台の食堂車ユニットで、カトー製品以来のものである。床下機器などは確認できなかったが、そのへんは製品を入手してからのお楽しみということで。

HobbyShow2019-13.jpg
HobbyShow2019-14.jpg
800系のミッキーマウスラッピング仕様2種。並べるとなかなか映えるね(スルー予定だが・・・)。

HobbyShow2019-15.jpg
トミックスも瑞風を展示していた。後ろの写真が先ほどのカトーのジオラマみたいで、瑞風の有名撮影地だったりするんだろうか。

鉄道模型はここまで、以降は会場で気になったものを。

HobbyShow2019-16.jpg
HobbyShow2019-17.jpg
バンダイのブースに展示されていた南ことりはフィギュアではなくプラモデルなんだそうで。しかも未塗装・・・というか、ガンプラのような着色済みのキット。ガンプラの技術がここまで進んだってことだよね。すごい!

なお、数日前にリリースされた「スクスタ」も早速やってます。筆者の「ZenFone 3 Ultra(Snapdragon 652搭載)」ではけっこうギリギリで、発熱と電池の消耗が・・・ハイスペックなスマホにしようにも、画面が小さくなるのは困りもの。

HobbyShow2019-18.jpg
ファミコンなどの「ミニ」製品がいろいろ出ているが、これは懐かしのパソコン「NEC PC-8001」のミニ。Windowsやインターネットなんて微塵も存在しなかった時代のパソコンだ。

HobbyShow2019-19.jpg
初代プレイステーションとセガサターンのプラモ・・・まではいかないかもだが、「組み立てることで理解できる」がコンセプトのようで。

HobbyShow2019-20.jpg
1/12のテーブル筐体やアップライト筐体で懐かしいゲームセンターを再現。後方にある「ダライアス」は画面が動いていて「すげえ」と思ったが、よく見ると後ろにスマホが刺さっていた。

HobbyShow2019-21.jpg
X68000もミニが出るのかと思ったらラズパイのケースだった。でも、「X68000ミニ」は心の中で期待が大きかったりする。このツインタワーみたいな見た目、惹かれるんですよ(今でも自室に本物が静態保存されてる)。

今回は自動車と航空機に目を引く製品がなかったので、鉄道模型以外はゲーム・パソコンばかりになってしまった。工具とか塗料とか他にも面白そうなものはたくさんあったが、これにて今年のレポは終了。

8年ぶりのバッテリー交換

先日、クルマのバッテリーが上がっていたので久々に交換したレポート。

かつてこのブログでもバッテリー交換の記事を書いたことがあるが、実に2011年の4月、もう8年以上前のことだ。記事番号も35番目なので、自分でも懐かしいくらい。

http://speedsphere.blog84.fc2.com/blog-entry-35.html

筆者は基本週末しか乗らないからバッテリーにとっては苦しい環境で、それまでの純正バッテリーは3年持てばよかった方だったのだが、この時取り付けた「G&Yu」のバッテリー、今回の交換以前にバッテリーが上がったことはなく、実に8年以上持ったという優秀かつ驚異的なバッテリーだった

今回もぜひ同じ製品で行こうと思ったが、当時の購入先がすでにやめてしまっており、ネット通販でも同一製品が見当たらなかったのでやむなく他の製品を当たることに。もはやR33スカイラインは適合表にすら記載がない製品も多いが(涙)、ぶっちゃけメンテナンスフリー(密閉型)タイプでサイズさえ合っていれば取り付けられるので、今回は「ACデルコ」というメーカーのバッテリーを購入。なんでもトヨタの純正バッテリーに指定されているメーカーだそうで、信頼性は問題なさそうだ。グレードやサイズは前回と同じく「60B24L」とした。価格は1万円弱と純正品と比べたらかなり安い。

201909_BATT_01.jpg
バッテリーのほか、ソーラーバッテリー充電器も購入。

201909_BATT_02.jpg
R33(2ドアクーペ)のバッテリーは後方配置されてるので、トランクルームを開けてご開帳。よぉ・・・8年振りだな・・・

201909_BATT_03.jpg
まずは鎮座していた旧バッテリーを取り外す。12kg以上ある上に邪魔なストラットバー、狭い体勢に猛暑日(9月なのに33度越え)なので、外した時点ですでにヘトヘトに・・・

201909_BATT_04.jpg
201909_BATT_05.jpg
大きさはほとんど変わらず、取っ手付きの黒い密閉型ということもあって外観もよく似ている。とりあえず、取り付けに際してサイズ的にはまったく問題なさそうだ。

201909_BATT_06.jpg
外した時と同様にきつい作業だが、旧バッテリーがあったのと同じ位置に配置。写真のガス抜きホースを忘れずに差し込んでおく。

201909_BATT_08.jpg
また、今回はソーラーバッテリー充電器も取り付けることになるが、場所はリヤシート直後のボード上とした。ボード上は植毛なのでマジックテープでそのまま貼れるし、駐車場は屋根付きながら西日が後方から入るので合理的な配置だと思う。ちなみに、今回の取り付けの時にクソ暑いのも西日のおかげ・・・

201909_BATT_07.jpg
トランクルームへのコードはボートの末端にあるルーバーの穴から引き込んだ。ただし、そのままでは穴が小さくプラグが通らなかったので、トランクルーム側から穴を少し拡大して対処した。

201909_BATT_10.jpg
今回はロゴがあっちを向いてしまうのでちょっと殺風景になってしまった。まあ、滅多に開ける場所じゃないし走行に支障がなければどうでもいいのだけど。充電器のケーブルは指定通りバッテリーケーブルの+、-端子にそれぞれ共締めし、+、-の順にバッテリーに接続、最後に充電器にプラグを刺すという手順だ。充電器のケーブルは長いので付属のタイラップで固定した(右上)。

早速エンジンを始動したらさすが新品バッテリー、セルの回り方からして違う。バッテリーは少しづつ劣化していくから慣れてしまい、案外「上がる直前」に気づきにくいんだよね。で、ある日突然上がっていると・・・自宅で上がる分にはネットで1週間たたずに届くし、取り付けも自分でやればいいからあまり問題はないが、そうはいっても取り付けは素人には重作業。ショップとかはそりゃ工賃取るわけだ。

その後テスト走行に出たが全く問題なし。旧バッテリーはGSで処分を依頼した(500円程度)。あとはどれくらい持つかだな。今回は充電器付けたけど効き目は未知数。数年後にまたバッテリー交換の機会があったらまた報告する予定。

p.s.後で気づいたが、「G&Yu」は「G&Yu NEXT+」という製品で売ってるのね。今回のバッテリーより少し高いが、そっちの方がよかったかも?今回のバッテリーはまだ付けたばかりなので結論出すにはまだ早いか・・・

トミックスから0系1000番台、N700系4000番台、800系ラッピング車発売決定

トミックスから新幹線製品がいくつか発売発表された。まずは0系1000番台から。

●98680 国鉄 0-1000系東海道・山陽新幹線基本セット 18,200円
●98681 国鉄 0-1000系東海道・山陽新幹線増結セットA 8,000円
●98682 国鉄 0-1000系東海道・山陽新幹線増結セットB 17,200円

(税抜き表示)

2020年1月発売予定。

Tomix0-1000-201907.jpg
R9編成、2002年新大阪にて。新幹線趣味に入って最初に遠征した時に撮影した写真で、色調・明るさは少し調整した。

昨年下旬くらいから発売された新幹線製品に付属のアンケートキャンペーン「リリースコンテスト」で、0系1000番台が新幹線編で第1位になったため製品化が決定した(製品化発表自体はすでに公表されていたが、製品仕様が出るまで記事化を保留していた)。ちなみに、筆者は300系後期型やE5・E6系のアンケートで「とれいゆ」と半々で入れていたが(911形はまあ・・・)、別に「とれいゆ」だって発売してもいいのよ?

1000番台についてはすでに発売されているマイクロエースのレビューも参考にしてもらうとして、今回のプロトタイプは全車1000番台で構成されたN97~99編成である。当時ひかり用編成(H編成)が96本あったので連番になっており、特に食堂車ユニットが小窓なのはこの3編成のみ。カトーの2000番台は小窓で揃えたかったのか食堂車ユニットを1000番台にしていたが、今回の製品化でようやく本来の編成に組み込まれることになる。

N97・98編成はJR東海、N99編成はJR西日本に継承されたが、編成内の車両入替が日常茶飯事だった0系において、N98編成は唯一入れ替えがなかった編成である(編成解体後、一部他の編成に組み込まれた車両はある)。

模型の仕様は2014年に発売された大窓車をベースに、1000番台のボディが新規制作される形となる。小窓や方向幕になった行先表示だけでなく、ボンネット搬入口の形状、側面の非常口形状も忠実に再現されるとアナウンスされている。床下は偶数形式の整流器ダクトの数が従来製品の2から1になるはずだが、ここまでやるかは不明だ。ただ、ここをやっておけば大窓車の後期型(16次車以降)にも活きるから、是非という願いはある。

それにしても、1000番台は0番台との混在編成が圧倒的に多くて、実際にマイクロ製品はそれを再現していたのだけど、トミックスはまずは1000番台の形式を一通り作っておいて、追々混在編成も製品化していく算段だろうか。なかなか焦らすじゃあないか。これで大窓の後期車(16次車以降)の製品があれば、今後0系のバリエーション展開はしばらく困らないだろうし非常に楽しみ。

なんなら、この勢いでドクターイエローT3編成も!

お次はN700系4000番台(F編成)。

●98683 JR N700-4000系(N700A)東海道・山陽新幹線基本セット 21,500円
●98684 JR N700-4000系(N700A)東海道・山陽新幹線増結セット 20,800円

(税抜き表示)

2020年1月発売予定。

TomixN700AF-201907.jpg
新幹線に限らず「4000番台」って珍しい。

「N700A」はJR東海所有の1000番台(G編成)は発売されているが、今回の4000番台(F編成)は「JR西日本版のN700A」となる。実車の時点でG編成との差異がほとんどないので仕方がないが、製品は従来の1000番台からJRロゴの色がJR西日本のブルーになり、収録インレタの内容が変わる程度だと思われる(そして、相変わらずZ0編成ベースと・・・)。上の写真でも確認できるが、台車カバーの中心上にある空気ばねカバーの塗装が白とグレーで塗り分けられているのがG編成とのわかりやすい差ではあるけど、ここは再現されないだろう。

なんとなく今更感がある製品だけど、G編成発売当時は1編成しかなかったF編成も、その後の増備で現在では従来型のN700系(K編成)より多い勢力になっているので、同社のバリエーション展開的にも製品化されておかしくないともいえる。この調子だとK編成もしれっと製品化されそうな気もするが・・・

最後に800系ラッピング車。10月発売の「黄色のやつ」は過去記事でも扱わなかったので今回まとめて。

●97914 限定品 九州新幹線800-1000系(JR九州 Waku Waku Trip 新幹線)セット 30,000円
●97915 限定品 九州新幹線800-1000系(JR九州 Waku Waku Trip 新幹線 ミッキーマウス&ミニーマウス デザイン)セット 30,000円

(税抜き表示)

上は「黄色」でU007編成、2019年10月発売予定。
下が「赤色」でU009編成、2019年12月発売予定。

こちらはさすがに画像はないので(今から九州に行くのは・・・)ビジュアルはメーカー公式等を見ていただきたいが、ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を記念したキャンペーンに伴うラッピング仕様の製品。「黄色」は2019年5月から運転の第1弾、「赤色」は2019年8月から運転の第2弾となる。なお、それぞれ運転終了が9/1、11/27とアナウンスされており、この2編成が同時に見られるのは今月いっぱいということになる。

模型の仕様は従来の800系1000番台そのもので、さすがに先頭部のレタリング類はきちんと印刷されていると思うが、連結部は相変わらずの外幌レス仕様である。黄と赤を揃えて並べると「非常に映えそう」だが、とりあえず筆者はスルー予定。前述の0系やN700系に向けて予算を温存しておきたいというのもあるが、正直筆者がミッキーマウスを好きじゃない・・・のが最大の理由(苦笑)。
プロフィール

友輝

Author:友輝
SpeedSphere管理人
(メインサイト(休止中))

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク